離婚後に後悔しないために、夫婦であるうちに話し合っておくべきことはたくさんあります。

例えば・・・

子供に関わることとして、親権や養育費、そして面会の取り決めや名前のことなど。

金銭に関わることととして、慰謝料、財産分与、年金ことなど。

離婚前にしっかりと取り決めをしておかないと、後悔することになりかねません。

特にお子さんがいる場合の離婚は、経済的な問題を考慮しておかなくてはなりません。

そして離婚問題は法的な知識が絡んでくるため、優位に取り決めを行なうにはそれなりの知識が必要となります。

そこで活用したいのが、無料の離婚相談です。

つくばみらい市では「つくばみらい市社会福祉協議会、人権擁護委員」による無料相談が開催されていますので、離婚のことでお悩みの方は活用してみてはいかがでしょうか?

相談を受ける前には、予約方法、日時、相談内容などは必ず確認して、相談内容は事前にまとめておくなどの準備はしておきましょう。




つくばみらい市で利用できる無料の離婚相談

1.弁護士による法律相談

つくばみらい市社会福祉協議会では弁護士または司法書士による法律相談を開催しています。要予約です。詳細は社協HPでご確認下さい。

開催日:月2回程度

会場:本所、谷和原支所

予約先:つくばみらい市社会福祉協議会

電話:0297-57-0123

2.人権相談

人権擁護委員による相談です。夫婦・親子・離婚などの相談が可能です。

開催日・場所:ご確認ください。

予約先:社会福祉課

代表:0297-58-2111

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は当サイトトップページの「茨城県の離婚相談」で確認下さい。




年金の手続き

□離婚時の年金手続き

離婚により厚生年金などの加入者の扶養が外れたときは、年金の手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.扶養からはずれた日がわかる書類(資格喪失証明書など)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:国保年金課(伊奈庁舎1F)

電話:0297-58-2111(内線:4401~4408)

土浦年金事務所

年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:土浦市下高津2-7-29

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:029-825-1170




離婚届の手続き

つくばみらい市の離婚手続きは・・・

開庁時間:平日:8時30分~17時15分※開庁時間以外は預かりのみとなります。不備がある場合は、修正・再提出が必要となるため、平日に提出するのがおすすめです。

問合せ先:市民窓口課(伊奈庁舎1F)

電話:0297-58-2111(内線:3401~3406・3409)

問合せ先:市民窓口課(谷和原庁舎1F)

電話:0297-58-2111(内線:3450~3452)

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにじっかりと事前準備しましょう。

つくばみらい市のひとり親家庭の支援

こども福祉課(伊奈庁舎1F)

・児童扶養手当
・父子及び母子家庭等福祉金
・つくばみらい市母子家庭等高等職業訓練促進給付金等支給事業
・母子・父子・寡婦福祉資金貸付金

代表:0297-58-2111(内線:4201~4207)

保年金課(伊奈庁舎1F)

・ひとり親家庭医療福祉制度(マル福)

代表:0297-58-2111(内線:4401~4408)

社会福祉課

・特別児童扶養手当

代表:0297-58-2111

つくばみらい市役所※相談の日時や予約の確認は、つくばみらい市役所ホームページでご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分

所在地:つくばみらい市福田195(伊奈庁舎)

代表:0297-58-2111

つくばみらい市の離婚事情

つくばみらい市の離婚件数の推移です。

平成元年:28組
平成5年:45組
平成10年:64組
平成15年:78組
平成20年:74組
平成25年:84組
平成26年:93組
平成27年:76組

なお茨城県の平成28年の離婚件数:4817件、離婚率は1.68です。

全国の離婚率は1.73となります。




離婚エピソード:『さて、これから何の仕事をして食べていく!?』

財産分与、慰謝料、養育費などの協議離婚の話し合いがようやく決まった。

十分ではないけれど、子どもたちと4人、新しい生活を始めるためのお金も少しは持って出ることができそうだったのでほっとした。

正直なところこれからの生活がどうなるかはお金で決まるといっても言い過ぎじゃないからね。

長女がまだ10歳。不安は尽きないけれど、立ち止まってはいられないからしっかり前進していかなきゃね。

そうと決まればまず第一に決めるのはわたしの仕事、さあ、わたしは何ができるかな?

手に職をつけるとはいうけれど、ほんとにそうだな。何か資格や技術があれば就職先は見つけやすいけれど、それってなんかわたしのイメージと違うんだな。

わたしが毎日仕事に行ったら、子どもたちはどうするの?夏休みは?週末は?熱を出したら?

人によって何を優先させるかは違うから、しっかり外で稼いできて生活を安定させることも超正解だと思うけれど、わたしはやっぱり「おかえり」が言いたい。

わたしにできること。手に職はないけれど、ほんのちょっとだけ、おしゃれのセンスは持ち合わせていくかも。

わたしの手元に残っているお金で仕入れることのできるおしゃれ小物、コスメや雑貨を売ることならできる。

販売ルートはインターネット。

パソコンの知識なんてゼロだけど、今は誰でも簡単にホームページを作ったり、ネットショップだって開けることができる。

パソコンの中にお店を持ったら24時間365日開店中だし、注文を受けたら発送をするだけで、子どもたちの参観日にも行ける。

もちろん「おかえり」だって言える。もうこれしかない、と思った。