離婚後に後悔しないために、夫婦であるうちに話し合っておくべきことはたくさんあります。

例えば・・・

子供に関わることとして、親権や養育費、そして面会の取り決めや名前のことなど。

金銭に関わることととして、慰謝料、財産分与、年金ことなど。

離婚前にしっかりと取り決めをしておかないと、後悔することになりかねません。

特にお子さんがいる場合の離婚は、経済的な問題を考慮しておかなくてはなりません。

そして離婚問題は法的な知識が絡んでくるため、優位に取り決めを行なうにはそれなりの知識が必要となります。

そこで活用したいのが、無料の離婚相談です。

つくば市では「つくば市社会福祉協議会、女性のための相談室、人権擁護委員」による無料相談が開催されていますので、離婚のことでお悩みの方は活用してみてはいかがでしょうか?

相談を受ける前には、予約方法、日時、相談内容などは必ず確認して、相談内容は事前にまとめておくなどの準備はしておきましょう。




つくば市で利用できる無料の離婚相談

1.弁護士による法律相談

つくば市社会福祉協議会では弁護士による法律相談を開催しています。養育費、親権、慰謝料などの離婚問題でお悩みの方は是非ご活用下さい。要予約です。詳細は社協HPをご確認下さい。

開催日:月3回程度

会場:社会福祉協議会

予約先:つくば市社会福祉協議会

電話:029-879-5500

2.つくば市女性のための相談室

つくば市女性のための相談室による電話・一般・心と生き方・法律相談です。夫婦、家庭、DVなどの相談が可能です。電話相談以外は要予約です。

(1)電話相談

開催:週1回程度

電話:029-856-5630

(2)面談相談

開催:週1回程度

(3)心と生き方相談

開催:週1回程度

(4)女性弁護士の法律相談

開催:月2回程度

予約先:男女共同参画室

電話:029-854-8515

3.人権相談

人権擁護委員による相談です。

開催日・場所:ご確認下さい。

予約先:市民活動課

代表:029-883-1111

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は当サイトトップページの「茨城県の離婚相談」で確認下さい。




年金の手続き

□離婚時の年金手続き

離婚により厚生年金などの加入者の扶養が外れたときは、年金の手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.扶養からはずれた日がわかる書類(資格喪失証明書など)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:医療年金課国民年金係

代表:029-883-1111

土浦年金事務所

年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:土浦市下高津2-7-29

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:029-825-1170




離婚届の手続き

つくば市の離婚手続きは・・・

開庁時間:平日:8時30分~17時15分※開庁時間以外は預かりのみとなります。不備がある場合は、修正・再提出が必要となるため、平日に提出するのがおすすめです。

問合せ先:市民窓口課

代表:029-883-1111

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにじっかりと事前準備しましょう。

つくば市のひとり親家庭の支援

こども政策課

・児童扶養手当
・つくば市母子家庭等児童福祉金制度
・母子・父子・寡婦福祉資金
・高等職業訓練促進給付金等事業
・子育て支援短期養育事業
・母子生活支援施設への入所
・母子寡婦福祉会

医療年金課医療福祉係

・ひとり親家庭等医療費助成制度

障害福祉課

・特別児童扶養手当

代表:029-883-1111

つくば市役所※相談の日時や予約の確認は、つくば市役所ホームページでご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分

所在地:つくば市研究学園1-1-1

代表:029-883-1111

つくば市の離婚事情

つくば市の離婚件数の推移です。

平成元年:153組
平成5年:194組
平成10年:291組
平成15年:360組
平成20年:368組
平成25年:374組
平成26年:330組
平成27年:402組

なお茨城県の平成28年の離婚件数:4817件、離婚率は1.68です。

全国の離婚率は1.73となります。




離婚エピソード:『なかなか行かれない学校行事』

30歳で結婚して、36歳で離婚。子どもは二人。子供の親権は私が取得したため、2児のシングルマザーです。

それではシングルマザーの学校行事について書かせて貰います。

学校行事というと、今も昔もやはり土日、祝日が多いのが当たり前。

でも母子家庭で私が働いていますので、シフト勤務の私にはなかなか厳しい事が多いのが現実。

仕事的にも同じシフト勤務でも、土日、祝日に休みを取る事が厳しい、職場でした。

そのような中で、行事の度には子供達に、寂しい思いをさせてきたように、感じてはいました。

学校行事に参加出来ない事は、私にとってもママ友達を作る事が難しく、少々孤独感を感じていました。

今は新学年がスタートし、すぐに授業参観が多いので、入学の年に重なると休み希望を出すのが、厳しい事が多かったです。

子供が2人いるので、学校が違ってしまうと特に厳しい事が度々ありました。

特に進学してすぐの場合、学校役員決め等もあるためシフト提出には、頭を悩ます一つでもありました今は片親家庭が多くなっていますので、片親家庭での理由では、役員免除は厳しいのが現実となっています。

毎年恒例の事とはいえ、びくびくする思いでした。

厳しい役員決めが終わると、母の日、父の日とこれまた、子供達には寂しい時のようでした。

特に母の日は母子家庭で、行ってあげたい気持ちはありますが、実際はゴールデンウィーク明けの週末の為、休み希望を申請が厳しい事が多かったです。

それでも子供達が小さい時は、近くのショッピングモールに展示されている、子供達の母の日の絵画を見に行く事が、私達親子の恒例行事でした。

なかなか学校で見る事が出来ない私にとって、ショッピングモールで見る子供達の絵画は、3人揃って見る事が出来るし、写真も撮れますので楽しみにしています。

学校行事に参加が厳しくても、関連した行事に外部で楽しめる事でも十分でした。