離婚後に後悔しないために、夫婦であるうちに話し合っておくべきことはたくさんあります。

例えば・・・

子供に関わることとして、親権や養育費、そして面会の取り決めや名前のことなど。

金銭に関わることととして、慰謝料、財産分与、年金ことなど。

離婚前にしっかりと取り決めをしておかないと、後悔することになりかねません。

特にお子さんがいる場合の離婚は、経済的な問題を考慮しておかなくてはなりません。

そして離婚問題は法的な知識が絡んでくるため、優位に取り決めを行なうにはそれなりの知識が必要となります。

そこで活用したいのが、無料の離婚相談です。

土浦市では「弁護士、司法書士、女性心理カウンセラー、女性相談員」による無料相談が開催されていますので、離婚のことでお悩みの方は活用してみてはいかがでしょうか?

相談を受ける前には、予約方法、日時、相談内容などは必ず確認して、相談内容は事前にまとめておくなどの準備はしておきましょう。




土浦市で利用できる無料の離婚相談

1.弁護士による法律相談

土浦市では弁護士による法律相談を開催しています。養育費、親権、慰謝料などの離婚問題でお悩みの方は是非ご活用下さい。詳細は予約時にご確認下さい。

開催日:週1回程度

2.司法書士による相談

司法書士による相談です。借金に関する相談が可能です。離婚に際し、債務問題でお悩みの方は是非ご活用下さい。詳細は予約時にご確認下さい。

開催日:月1回程度

1.~2.の問合せ・予約先です。相談には電話・来庁による予約が必要です。


会場:市役所内相談室

予約先:広報広聴課広報広聴係

電話:029-826-1111(内線:2376)

3.女性のための相談

(1)女性のためのフェミニスト相談、(2)女性のための一般相談です。

(1)女性のためのフェミニスト相談

女性心理カウンセラーによる相談です。夫婦、対人、職場などのトラブルなどの相談が可能です。

開催日:週1回と月1回

(2)女性のための一般相談

相談員による相談です。夫婦・親子・離婚などの相談が可能です。

開催日:月2回程度

問合せ・予約先です。相談には電話・来庁による予約が必要です。


場所:土浦市男女共同参画センター

予約先:男女共同参画課 男女共同参画室(本庁舎2F)

直通電話:029-827-1107

電話:029-826-1111(内線:2506)

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は当サイトトップページの「茨城県の離婚相談」で確認下さい。




年金の手続き

□離婚時の年金手続き

離婚により厚生年金などの加入者の扶養が外れたときは、年金の手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.扶養からはずれた日がわかる書類(資格喪失証明書など)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:国保年金課 国民年金係(本庁舎1F)

代表:029-826-1111(内線:2290)

土浦年金事務所

年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:土浦市下高津2-7-29

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:029-825-1170




離婚届の手続き

土浦市の離婚手続きは・・・

開庁時間:平日:8時30分~17時15分※開庁時間以外は預かりのみとなります。不備がある場合は、修正・再提出が必要となるため、平日に提出するのがおすすめです。

問合せ先:市民課戸籍係(本庁舎1F)

代表:029-826-1111

また都和支所、南支所、上大津支所、新治支所、神立出張所でも提出できます。

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにじっかりと事前準備しましょう。

土浦市のひとり親家庭の支援

こども福祉課児童福祉係

・児童扶養手当
・ひとり親家庭職業訓練促進給付

代表:029-826-1111

国保年金課医療福祉係(本庁舎1F)

・特別児童扶養手当(マル福)

代表:029-826-1111(内線:2316・2406)

土浦市役所※相談の日時や予約の確認は、土浦市役所ホームページでご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分

所在地:土浦市大和町9-1

代表:029-826-1111

土浦市の離婚事情

土浦市の離婚件数の推移です。

平成元年:183組
平成5年:254組
平成10年:286組
平成15年:359組
平成20年:355組
平成25年:282組
平成26年:308組
平成27年:315組

なお茨城県の平成28年の離婚件数:4817件、離婚率は1.68です。

全国の離婚率は1.73となります。




離婚エピソード:『海外暮らしに不安を感じて離婚』

私は元夫とアメリカで生活をしていました。元夫は日本人です。

研究の仕事をしており、海外に興味があるのは知っていましたが、私は英語もできないし、住み慣れた日本を離れて海外生活をすることは反対でした。

ある時、元夫がアメリカで仕事が見つかりそう、最終面接を受けるだけということを前触れもなく言いました。

面接を受ける前に私に相談してくれたら、もちろん反対しましたが、仕事があってこその生活だし、アメリカについて行くのがイヤなら離婚だ、と言われて何も言い返せませんでした。

最終面接に失敗してくれたらいいとのわずかな望みがありましたが、結果的に面接に受かり採用されることになりました。

アメリカに5年住み、子供が二人できました。元夫はアメリカの仕事が向いているようで、日本に帰るつもりは全くなさそうです。

しかし私は子供ができてから子供たちには言葉の通じないアメリカの学校には通わせたくない、自分が受けた日本の教育と同じものを受けさせてあげたい、日本の文化や習慣をしっかり教えてあげたい、という気持ちがずっとあり、日本に帰りたいと思っていましたが、離婚をしてまで帰国する勇気がありませんでした。

元夫は仕事で出世をしたのか、色々な仕事を任されるようになり、その分ストレスも増えてきました。

職場に日本人がいないので日本語で相談したり愚痴ったりする相手もいません。飲み会なんてありません。

ストレスをだんだんと家庭に持ち込むようになり、私も子供たちも限界が来てしまいました。

父に相談すると、そんなに辛いなら帰ってこいと言ってくれて、思い切って帰国することにしたのです。

帰国してからしばらくして離婚しました。子供たち二人を抱え、確かに不安ではありますが、あのままアメリカに住んでいたら先行きがもっと不安だと思い、今は精神的に安定して楽しく暮らしています。

子供たちも日本の幼稚園で伸び伸び生活をしています。アメリカにいると子育ても生活もできることが限られて、もどかしい気持ちばかりが先走っていました。今の生活がとにかく楽しいです。