離婚後に後悔しないために、夫婦であるうちに話し合っておくべきことはたくさんあります。

例えば・・・

子供に関わることとして、親権や養育費、そして面会の取り決めや名前のことなど。

金銭に関わることととして、慰謝料、財産分与、年金ことなど。

離婚前にしっかりと取り決めをしておかないと、後悔することになりかねません。

特にお子さんがいる場合の離婚は、経済的な問題を考慮しておかなくてはなりません。

そして離婚問題は法的な知識が絡んでくるため、優位に取り決めを行なうにはそれなりの知識が必要となります。

そこで活用したいのが、無料の離婚相談です。

桜川市では「桜川市社会福祉協議会」による無料相談が開催されていますので、離婚のことでお悩みの方は活用してみてはいかがでしょうか?

相談を受ける前には、予約方法、日時、相談内容などは必ず確認して、相談内容は事前にまとめておくなどの準備はしておきましょう。




桜川市で利用できる無料の離婚相談

1.弁護士による法律相談

桜川市社会福祉協議会では弁護士による法律相談を開催しています。養育費、親権、慰謝料などの離婚問題でお悩みの方は是非ご活用下さい。詳細は予約時にご確認下さい。

開催日:奇数月に開催。

会場:桜川市社協のHPでご確認下さい。

予約先:桜川市社会福祉協議会岩瀬本所

電話:0296-76-1357

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は当サイトトップページの「茨城県の離婚相談」で確認下さい。




年金の手続き

□離婚時の年金手続き

離婚により厚生年金などの加入者の扶養が外れたときは、年金の手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.扶養からはずれた日がわかる書類(資格喪失証明書など)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:国保年金課(岩瀬第1庁舎1F)

電話:0296-75-3125

下館年金事務所

年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:筑西市菅谷1720

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:0296-25-0829




離婚届の手続き

桜川市の離婚手続きは・・・

開庁時間:平日:8時30分~17時15分※開庁時間以外は預かりのみとなります。不備がある場合は、修正・再提出が必要となるため、平日に提出するのがおすすめです。

岩瀬庁舎市民課:0296-75-3132

大和庁舎総合窓口課:0296-75-3111(代表)

真壁庁舎総合窓口課:0296-55-1111(代表)

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにじっかりと事前準備しましょう。

桜川市のひとり親家庭の支援

児童福祉課(岩瀬第2庁舎1F)

・児童扶養手当
・桜川市ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金等事業
・ひとり親家庭等入学祝金

電話:0296-75-3156

保年金課医療年金(岩瀬第1庁舎1F)

・ひとり親家庭等医療費助成制度

電話:0296-75-3125

社会福祉課(岩瀬第2庁舎1F)

・特別児童扶養手当

電話:0296-75-3126

桜川市役所※相談の日時や予約の確認は、桜川市役所ホームページでご確認下さい。


◯桜川市役所大和庁舎(桜川市羽田102)

代表:0296-58-5111

◯岩瀬庁舎(桜川市岩瀬64ー2)

代表:0296-75-3111

◯真壁庁舎(桜川市真壁町飯塚911)

代表:0296-55-1111

桜川市の離婚事情

桜川市の離婚件数の推移です。

平成元年:34組
平成5年:48組
平成10年:75組
平成15年:84組
平成20年:74組
平成25年:66組
平成26年:51組
平成27年:69組

なお茨城県の平成28年の離婚件数:4817件、離婚率は1.68です。

全国の離婚率は1.73となります。




離婚エピソード:『保育園になかなか入れない!でも就職したい!』

5年の結婚生活にピリオドをうち、ようやく離婚が成立しました。

子供がいたので、離婚についてはいろいろと戸惑うこともがありまたが、相手の不貞行為を許してまで、結婚生活を続ける自身も気持ちもなかったので、離婚という結論に。

母子家庭生活が始まりましたが、もちろん仕事をしなければなりません。つきまとうのが保育園に入園できるかどうか…。

娘は当時1歳。一番保育園に入園しにくいと言われる歳です。区役所で事情を話し、何回も通い、何とか1か月の待機児童で入園することができました。

それまでは、保育園で保育補助の仕事をして、職場に連れて行って自分の子供の面倒を見ながら仕事をしたり、保育園が決まってからも託児所のついた介護施設で働いたりしていました。

託児所付きは介護医療系など業種が限られてしまいますが、未経験者でも採用していただけるので、おすすめです。

職場で預けられるというのは、保育園に迎えに行く手間も省け、子どもの様子をすぐ見に行くことができるのでありがたかったです。

母子家庭の職場探しでいきなり正社員というのは難しいでしょう。パートから徐々にステップアップすることもできますし、正社員しか考えられないという状態で就職活動をするのは危険だと思います。

特に子どもが小さいと急に休まれることを懸念して、面接でも必ず確認されますので対策を打つ必要があります。実家などの預け先がない場合は、病児保育を利用するなど必ず案を考えておきましょう。

私は「実家は近くにないですが、病児保育に3か所登録していて、預けることができます!」と面接で答えて、やる気があると見られ、採用されることになりました。

働いてお金を稼ぎたい気持ちはもちろん大切ですが、子どもに無理をさせて結局しょっちゅう休んでしまっては元も子もありません。