離婚後に後悔しないために、夫婦であるうちに話し合っておくべきことはたくさんあります。

例えば・・・

子供に関わることとして、親権や養育費、そして面会の取り決めや名前のことなど。

金銭に関わることととして、慰謝料、財産分与、年金ことなど。

離婚前にしっかりと取り決めをしておかないと、後悔することになりかねません。

特にお子さんがいる場合の離婚は、経済的な問題を考慮しておかなくてはなりません。

そして離婚問題は法的な知識が絡んでくるため、優位に取り決めを行なうにはそれなりの知識が必要となります。

そこで活用したいのが、無料の離婚相談です。

龍ケ崎市では「弁護士、人権擁護委員」による無料相談が開催されていますので、離婚のことでお悩みの方は活用してみてはいかがでしょうか?

相談を受ける前には、予約方法、日時、相談内容などは必ず確認して、相談内容は事前にまとめておくなどの準備はしておきましょう。




龍ケ崎市で利用できる無料の離婚相談

1.弁護士による法律相談

龍ケ崎市では弁護士による法律相談を開催しています。養育費、親権、慰謝料などの離婚問題でお悩みの方は是非ご活用下さい。詳細は予約時にご確認下さい。

開催日:月3回程度

会場:市役所会議室

2.人権相談

人権擁護委員による相談です。予約不要。詳細はご確認下さい。

開催日:市役所HPを確認下さい。

場所:市役所会議室

問合せ・予約先。詳細は市役所HPを確認下さい。


予約先:市民生活部市民窓口課

電話:0297-60-1526

3.DV相談

DVに関することでお悩みの方は是非ご活用下さい。詳細はお問合せ下さい。

開催日:市役所開庁時間内

会場:こども課(市役所1F)

問合せ先:市長公室秘書課

電話:0297-60-1511

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は当サイトトップページの「茨城県の離婚相談」で確認下さい。




年金の手続き

□離婚時の年金手続き

離婚により厚生年金などの加入者の扶養が外れたときは、年金の手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.扶養からはずれた日がわかる書類(資格喪失証明書など)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:健康福祉部保険年金課

電話:0297-60-1527

土浦年金事務所

年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:土浦市下高津2-7-29

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:029-825-1170




離婚届の手続き

龍ケ崎市の離婚手続きは・・・

開庁時間:平日:8時30分~17時15分※開庁時間以外は預かりのみとなります。不備がある場合は、修正・再提出が必要となるため、平日に提出するのがおすすめです。

問合せ先:市民生活部市民窓口課(本庁1F)

電話:0297-60-1526

また西部出張所、東部出張所でも受付可能です。

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにじっかりと事前準備しましょう。

龍ケ崎市のひとり親家庭の支援

健康福祉部こども課

・児童扶養手当
・高等職業訓練促進給付金等事業
・母子・寡婦福祉資金の貸付

電話:0297-60-1558

健康福祉部保険年金課

・マル福(ひとり親家庭等医療費助成制度)

電話:0297-60-1527

健康福祉部社会福祉課

・特別児童扶養手当

電話:0297-60-1528

龍ケ崎市役所※相談の日時や予約の確認は、龍ケ崎市役所ホームページでご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分

所在地:龍ケ崎市3710

代表:0297-64-1111

龍ケ崎市の離婚事情

龍ケ崎市の離婚件数の推移です。

平成元年:64組
平成5年:84組
平成10年:122組
平成15年:173組
平成20年:170組
平成25年:160組
平成26年:141組
平成27年:144組

なお茨城県の平成28年の離婚件数:4817件、離婚率は1.68です。

全国の離婚率は1.73となります。




離婚エピソード:『離婚成立、シングルマザーへ』

離婚調停、裁判(すぐに和解となりましたが)で約2年半かかりました。

その間も面会交流は行われてましたが、主人は私の情報を聞き出したり、離婚の条件が自分に不利にならないように、子供を武器に使ってました。

子供が面会交流から帰ってくると元気がなく、ずっとお母さんの悪口を言っていたと。子供の気持ちを考えられない人なんだと、つくづく離婚してよかったと思います。

離婚して1回目の面会交流から、主人は用事があると言って来なくなりました

。面会の日、お父さんと何してるの?と聞くと、お父さんは昼寝して、私はDVD見てる。時間が来たら起こしてって言われる。だって。そんな過ごし方だったら、子供も楽しくないので、面会なくなってよかったかも。ただ、子供にとってはお父さん。複雑。

シングルマザーという言葉を聞くとあまり明るいイメージではないかもしれませんが、子供が1人ということもあるのかもしれませんが、楽しく過ごせてます。

子供の性格にもよるのかもしれませんが、離婚によって、辛い思いはさせていると思いますが、全く気にしていない様子。

私はもともと正社員で働いていたので、離婚して仕事を探して、という状況ではありませんでしたのでその点では苦労せずにいけているのだと感じます。

むしろ、離婚するまでのほうが、主人と収入合算でみられるので、給食費の免除もありませんし、学童の費用の免除もなし、児童扶養手当ももらえない苦しい生活でした。

ただ、だからと言って、ものすごく余裕があるわけではありませんので、安い賃貸を探していますが、なかなか。

団地に入れればいいのですが、抽選ですから。