離婚後に後悔しないために、夫婦であるうちに話し合っておくべきことはたくさんあります。

例えば・・・

子供に関わることとして、親権や養育費、そして面会の取り決めや名前のことなど。

金銭に関わることととして、慰謝料、財産分与、年金ことなど。

離婚前にしっかりと取り決めをしておかないと、後悔することになりかねません。

特にお子さんがいる場合の離婚は、経済的な問題を考慮しておかなくてはなりません。

そして離婚問題は法的な知識が絡んでくるため、優位に取り決めを行なうにはそれなりの知識が必要となります。

そこで活用したいのが、無料の離婚相談です。

行方市では行方市社会福祉協議会による無料相談が開催されていますので、離婚のことでお悩みの方は活用してみてはいかがでしょうか?

相談を受ける前には、予約方法、日時、相談内容などは必ず確認して、相談内容は事前にまとめておくなどの準備はしておきましょう。




行方市で利用できる無料の離婚相談

1.弁護士による法律相談

行方市社会福祉協議会では弁護士による法律相談を開催しています。養育費、親権、慰謝料などの離婚問題でお悩みの方は是非ご活用下さい。詳細は電話予約時にご確認下さい。

開催日:月1回程度。詳細は社協HPでご確認下さい。

会場:玉造福祉センター

予約先:行方市社会福祉協議会地域福祉係

電話:0299-36-2020

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は当サイトトップページの「茨城県の離婚相談」で確認下さい。




年金の手続き

□離婚時の年金手続き

離婚により厚生年金などの加入者の扶養が外れたときは、年金の手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.扶養からはずれた日がわかる書類(資格喪失証明書など)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:国保年金課(玉造庁舎1F)

電話:0299-55-0111

また、麻生庁舎総合窓口、北浦庁舎総合窓口でも受付可能です。

水戸南年金事務所

年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:水戸市柳町2-5-17

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:029-227-3278




離婚届の手続き

行方市の離婚手続きは・・・

開庁時間:平日:8時30分~17時15分※開庁時間以外は預かりのみとなります。不備がある場合は、修正・再提出が必要となるため、平日に提出するのがおすすめです。

問合せ先:総合窓口課(玉造庁舎)

電話:0299-55-0111

また北浦庁舎、麻生庁舎でも受付けています。

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにじっかりと事前準備しましょう。

行方市のひとり親家庭の支援

こども福祉課児童福祉グループ(玉造庁舎1F)

・児童扶養手当

電話:0299-55-0111

こども福祉課 児童福祉グループ(玉造庁舎1F)

・ひとり親家庭等医療費助成制度(マル福)

電話:0299-55-0111

社会福祉課(玉造庁舎1F)

・特別児童扶養手当

電話:0299-55-0111

麻生庁舎、北浦庁舎の総合窓口課でも受付。

行方市役所※相談の日時や予約の確認は、行方市役所ホームページでご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分

◯麻生庁舎(行方市麻生1561-9)

代表:0299-72-0811

◯北浦庁舎(山田2564-10)

電話:0291-35-2111

◯玉造庁舎(玉造甲404)

電話:0299-55-0111

行方市の離婚事情

行方市の離婚件数の推移です。

平成元年:42組
平成5年:60組
平成10年:49組
平成15年:51組
平成20年:57組
平成25年:59組
平成26年:61組
平成27年:55組

なお茨城県の平成28年の離婚件数:4817件、離婚率は1.68です。

全国の離婚率は1.73となります。




離婚エピソード:『シングルマザーの子育てと仕事』

私は小学生の息子と保育園に通う娘を抱えたまま、26歳の時に二度目の離婚をしました。

小学生の息子は最初の夫との子供で、娘は2番目の夫との間に生まれた子供です。

夫と離婚するきっかけとなったのは、結婚(再婚)したのが20歳と若かったこともあったせいか、仕事と言っては夜中になっても帰らず、朝まで友人と飲み歩いたり、知り合いの居酒屋に寝泊まりすることが増えていったからです。

最初は仕事だと思って我慢していましたが、だんだんと仕事の時間外であることに疑問を持ち、それを問い詰め、けんかになることが増えました。

私自身、パートではありましたがフルタイムで仕事もしていたのに、家庭を大切にしてくれない夫にいら立ち、結婚生活6年で離婚となりました。

子供二人を抱えた私は、社員登用制度によりパートから社員に登用してもらい働く必要がありました。

息子は小学校4年生になっていたので、あと少しで中学生ということを考えてもこれからお金がかかること、生活費をすべて自分で賄わなければならないことなどが主な理由でした。

幸いなことに、実家がすぐ近くにあり、いざという時には助けてもらえる環境にあるということが救いでしたが、バツ2である後ろめたさもあり、できるだけ自分の力でなんとかしようとがんばっていました。

仕事は楽しかったので必死で働き、家事や育児にも手を抜かないように毎日忙しくも充実した日々を送れつつありましたが、
その矢先、私は過労で倒れてしまいました。

原因は不明で、いろいろな検査をしましたがはっきりとした原因はわかりませんでした。

それからもたびたびめまいが起きて倒れてしまったり、朝起きることができない日がありました。

結局大きな病気ではなかったものの入院して様子を見ることになりました。思っていた以上に子供二人の人生を背負うことの重さを感じていたのだと思います。

それでも体調が戻ればがんばらないわけにはいきません。

がんばるしかありませんが、それが自分が選んだ人生でもあるので、子供二人が成人するまで、一生懸命生きていく姿を子供たちにも親にも見せていきたいと思っています。