離婚後に後悔しないために、夫婦であるうちに話し合っておくべきことはたくさんあります。

例えば・・・

子供に関わることとして、親権や養育費、そして面会の取り決めや名前のことなど。

金銭に関わることととして、慰謝料、財産分与、年金ことなど。

離婚前にしっかりと取り決めをしておかないと、後悔することになりかねません。

特にお子さんがいる場合の離婚は、経済的な問題を考慮しておかなくてはなりません。

そして離婚問題は法的な知識が絡んでくるため、優位に取り決めを行なうにはそれなりの知識が必要となります。

そこで活用したいのが、無料の離婚相談です。

水戸市では「弁護士、女性相談員、人権擁護委員」による無料相談が開催されていますので、離婚のことでお悩みの方は活用してみてはいかがでしょうか?

相談を受ける前には、予約方法、日時、相談内容などは必ず確認して、相談内容は事前にまとめておくなどの準備はしておきましょう。




水戸市で利用できる無料の離婚相談

1.弁護士による法律相談

水戸市では弁護士による法律相談を開催しています。養育費、親権、慰謝料などの離婚問題でお悩みの方は是非ご活用下さい。詳細は予約時にご確認下さい。

開催日:月3回程度

会場:市役所

予約先:市民相談室

電話:029-232-9109

2.女性相談

夫婦、親族、結婚、離婚などの関する相談が可能です。また水戸市配偶者暴力相談支援センターを開設してDV被害に関する相談も可能です。詳細はお問合せ下さい。

開催日:市役所開庁時間

直通電話:029-232-9111

会場:子ども課の窓口

予約先:子ども課

電話:029-232-9176

3.特設無料人権相談所

弁護士や学識経験者などで構成する人権擁護委員による相談です。夫婦・親子・離婚などの相談が可能です。詳細はお問合せ下さい。

開催日:月1回程度

場所:みと文化交流プラザ

問合せ先:水戸人権擁護委員協議会:029-227-9919

水戸市保険福祉部福祉総務課:029-232-9169

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は当サイトトップページの「茨城県の離婚相談」で確認下さい。




年金の手続き

□離婚時の年金手続き

離婚により厚生年金などの加入者の扶養が外れたときは、年金の手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.扶養からはずれた日がわかる書類(資格喪失証明書など)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:国保年金課(三の丸臨時庁舎)

電話:029-232-9166

また国保年金課(開庁時間内)、赤塚出張所(週1回)、常澄出張所(月1回)、内原出張所(月1回)で年金に関する相談を開催されています。

水戸南年金事務所

年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:水戸市柳町2-5-17

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:029-227-3278

水戸北年金事務所

年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:水戸市大町2-3-32

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:029-231-2283




離婚届の手続き

水戸市の離婚手続きは・・・

開庁時間:平日:8時30分~17時15分※開庁時間以外は預かりのみとなります。不備がある場合は、修正・再提出が必要となるため、平日に提出するのがおすすめです。

問合せ先:市民課(三の丸臨時庁舎1F)

電話:029-232-9156

また三の丸臨時庁舎市民課1番窓口、赤塚出張所、常澄出張所、内原出張所でも受付。

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにじっかりと事前準備しましょう。

水戸市のひとり親家庭の支援

子ども課(三の丸臨時庁舎2F)

・児童扶養手当
・母子・父子・寡婦福祉資金

電話:029-232-9176

子ども課子育て支援係

・母子家庭自立支援給付金事業

電話:029-224-1111(内線:277)

国保年金課健診医療係(三の丸臨時庁舎)

・ひとり親家庭医療福祉費助成制度(マル福制度)

電話:029-232-9527

障害福祉課(三の丸臨時庁舎2F)

・特別児童扶養手当

電話:029-232-9173

水戸市役所※相談の日時や予約の確認は、水戸市役所ホームページでご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分

所在地:水戸市中央1-4-1

代表:029-224-1111

水戸市の離婚事情

水戸市の離婚件数の推移です。

平成元年:333組
平成5年:366組
平成10年:485組
平成15年:570組
平成20年:542組
平成25年:506組
平成26年:475組
平成27年:528組

なお茨城県の平成28年の離婚件数:4817件、離婚率は1.68です。

全国の離婚率は1.73となります。




離婚エピソード:『離婚の理由、お金の事』

(元)旦那との離婚理由、それは彼の子供達への接し方でした。

旦那は仕事で朝から夜遅くまで自宅におらず、たまの休みとなるとひたすらスマホをいじる…

それだけなら我慢もできました。

しかしスマホゲームにのめり込むようになると、子供達が話しかけても無視。じゃれつく子供(当時1歳と4歳)を振り払い叩きつける。
何度注意しても態度は変わりませんでした。

あげく、「邪魔するな!」とスマホを子供に投げつけたのです。顔に当たり赤くなった子供の頬。

次にやったら許さないと話しました。今考えるとスマホ依存だったのかもしれません。

もちろん離婚にいたるまでは他にも色々と理由はありました。子供が少し汚い言葉を使っただけで、イライラしだし、嫌だと泣き叫ぶ子供を風呂場などに閉じ込めたり。

仕事にスマホをいじりすぎていたのでしょう、営業成績が悪すぎるとの理由で結婚後3回目の仕事クビ…

そして極め付けにまた、子供にスマホを投げつけたのです。もうダメだと、私も堪忍袋の尾がきれました。

彼にもう我慢できないと離婚届けを渡しました。彼は私が本気だったとは思わなかったようで、驚き説得してきました…が、私の決意は変わらず2ヶ月後には離婚が決まりました。

養育費は子供2人分で月6万と話し合い決めました。しかし財産分与は全くしませんでした。

離婚の前年に頭金900万でマイホームを購入しており、現金が全く残っていなかったのです。

今から家を売ってもローンが残るだけ。財産分与はなしで、僅かながら通帳に残った数万円で離婚する事にしました。

今考えると、これは失敗したなと思います。現金はなくても家の資産分は全て旦那名義。なんらかの形でこちらにわけてもらうべきだったと深く反省しています…

シングルになると本当にお金が足りないので。

しかし金銭面では不安を抱えていたものの、これで子供達を守れる、安心して生活できると足取り軽く市役所に離婚届けを出しに行きました。