離婚後に後悔しないために、夫婦であるうちに話し合っておくべきことはたくさんあります。

例えば・・・

子供に関わることとして、親権や養育費、そして面会の取り決めや名前のことなど。

金銭に関わることととして、慰謝料、財産分与、年金ことなど。

離婚前にしっかりと取り決めをしておかないと、後悔することになりかねません。

特にお子さんがいる場合の離婚は、経済的な問題を考慮しておかなくてはなりません。

そして離婚問題は法的な知識が絡んでくるため、優位に取り決めを行なうにはそれなりの知識が必要となります。

そこで活用したいのが、無料の離婚相談です。

かすみがうら市では「弁護士、社会福祉協議会」による無料相談が開催されていますので、離婚のことでお悩みの方は活用してみてはいかがでしょうか?

相談を受ける前には、予約方法、日時、相談内容などは必ず確認して、相談内容は事前にまとめておくなどの準備はしておきましょう。




かすみがうら市で利用できる無料の離婚相談

1.弁護士による法律相談

かすみがうら市では弁護士による法律相談を開催しています。養育費、親権、慰謝料などの離婚問題でお悩みの方は是非ご活用下さい。詳細は予約時にご確認下さい。

開催日:月2回程度

会場:働く女性の家、あじさい館※予約時にご確認下さい。

予約先:社会福祉課

電話:0299-59-2111・029-897-1111

2.なんでもかんでも相談

司法書士、精神保健福祉士、社会福祉士、行政書士などによる相談です。詳細は予約時にご確認下さい。

開催日:月1回程度

会場:予約時にご確認下さい。

予約先:かすみがうら市社会福祉協議会

電話:029-898-2527

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は当サイトトップページの「茨城県の離婚相談」で確認下さい。




年金の手続き

□離婚時の年金手続き

離婚により厚生年金などの加入者の扶養が外れたときは、年金の手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.扶養からはずれた日がわかる書類(資格喪失証明書など)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:国保年金課

電話:0299-59-2111・029-897-1111

土浦年金事務所

年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:土浦市下高津2-7-29

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:029-825-1170




離婚届の手続き

かすみがうら市の離婚手続きは・・・

開庁時間:平日:8時30分~17時15分※開庁時間以外は預かりのみとなります。不備がある場合は、修正・再提出が必要となるため、平日に提出するのがおすすめです。

問合せ先:市民課

電話:0299-59-2111・029-897-1111

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにじっかりと事前準備しましょう。

かすみがうら市のひとり親家庭の支援

子ども家庭課

・児童扶養手当
・ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金等事業
・母子・父子・寡婦福祉資金
・JR定期券の割引

国保年金課

・医療福祉費支給制度(マル福)

社会福祉課(千代田庁舎)

・特別児童扶養手当

代表:0299-59-2111・029-897-1111

かすみがうら市役所※相談の日時や予約の確認は、かすみがうら市役所ホームページでご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分

◯千代田庁舎

所在地:かすみがうら市上土田461

代表:0299-59-2111・029-897-1111

◯霞ヶ浦庁舎

所在地:かすみがうら市大和田562

代表:029-897-1111・0299-59-2111

かすみがうら市の離婚事情

かすみがうら市の離婚件数の推移です。

平成元年:36組
平成5年:48組
平成10年:84組
平成15年:105組
平成20年:76組
平成25年:77組
平成26年:64組
平成27年:75組

なお茨城県の平成28年の離婚件数:4817件、離婚率は1.68です。

全国の離婚率は1.73となります。




離婚エピソード:『離婚後の生活。長男のパパへの気持ち』

パパと会わなくなってちょうど1年。今までパパに会いたいと何度も口にしていた長男でしたが、今までは長男がパパ大好きだよって気持ちを持っていると必ずパパに伝わって会える日が来るよと伝えてきました。

たまたま離婚する前に家族でよく訪れたアンパンマンミュージアムのCMを見て、遠方である名古屋のアンパンマンミュージアムに行きたいと言い出したため、そこは少し遠いから神戸のアンパンマンミュージアムに行こうよと言うと、だってそこはパパと何回も行ったもん。

パパには会われへんもん!と。その言葉が胸に突き刺さって何と返していいのか言葉に詰まった・・

多分もう会うことはないだろうと思いつつ、でも長男の中のパパを悪者にするわけにもいかず、いつか会えると言ったあたしの言葉は無責任な言葉だったのだろうか・・ もうすぐ5歳の誕生日を迎える長男。

まだ本当のことを話しても理解できないだろうと思っていたけど、子どもながらに理解はしてるのかな。あたしも長男のパパへの気持ちに向き合うことになるのは、そう遠いことでもなさそう。

次男が1歳4ヶ月の時に別居したため、次男の記憶にパパという記憶は一切ない。そのため言葉を喋るようになると“ママ”の次位に“パパ”と出てくるだろうが、次男に至っては“ママ”の次に出た言葉は“ばぁば”だった。

パパというものは一切存在しない。そしてあたし達大人も“パパ”という言葉を無意識に避けていたと思う。

私は私の実の姉の家族と仲良いため、お互いの家をしょっちゅう行き来しているため次男がパパと認識した人は姉の旦那様。

私にとって義兄になり息子達からは叔父にあたる。義兄も子ども好きで男の子に恵まれなかったからなのか、本当によく遊んでくれてかわいがってくれている。

次男は義兄を見ると『パパー!!』と喜び叫んで抱っこをせがんでいる。
その姿を見ると複雑な気持ちになってしまう。

本当のパパの記憶がある長男と記憶のない次男。どっちがいいのかな?でも、私は心の底で長男からパパの記憶が消えてくれたらいいのに・・って思ってるダメなママなんだな・・

いつか必ずやってくる本当の事を話する日までに、強いママになって息子達に正々堂々と向き合えないとね!

二人ともみんなに祝福され愛されて産まれてきたこと。お金という形でしか表現できないパパの愛情も。これはいつまで続くか分からないけど・・

いつかきちんと伝えたいな!