離婚後に後悔しないために、夫婦であるうちに話し合っておくべきことはたくさんあります。

例えば・・・

子供に関わることとして、親権や養育費、そして面会の取り決めや名前のことなど。

金銭に関わることととして、慰謝料、財産分与、年金ことなど。

離婚前にしっかりと取り決めをしておかないと、後悔することになりかねません。

特にお子さんがいる場合の離婚は、経済的な問題を考慮しておかなくてはなりません。

そして離婚問題は法的な知識が絡んでくるため、優位に取り決めを行なうにはそれなりの知識が必要となります。

そこで活用したいのが、無料の離婚相談です。

潮来市では「人権擁護委員、専門相談員」による無料相談、潮来市社会福祉協議会による弁護士・司法書士無料相談が開催されていますので、離婚のことでお悩みの方は活用してみてはいかがでしょうか?

相談を受ける前には、予約方法、日時、相談内容などは必ず確認して、相談内容は事前にまとめておくなどの準備はしておきましょう。




潮来市で利用できる無料の離婚相談

1.弁護士による法律相談

潮来市社会福祉協議会では弁護士による法律相談を開催しています。養育費、親権、慰謝料などの離婚問題でお悩みの方は是非ご活用下さい。詳細は予約時にご確認下さい。

開催日:月1回程度

2.心配ごと相談

司法書士による相談です。人権侵害、財産問題、金銭問題などの相談が可能です。離婚に際し、これらの問題でお悩みの方は是非ご活用下さい。詳細は予約時にご確認下さい。

開催日:月1回程度

1.~2.の問合せ・予約は・・・


会場:潮来保健センター内

予約先:潮来市社会福祉協議会

電話:0299-63-1296

3.人権相談

人権擁護委員による相談です。夫婦・親子・離婚などの相談が可能です。鹿嶋人権擁護委員協議会・水戸地方法務局鹿嶋支局が主催となります。詳細は市役所HPをご確認下さい。

開催日:偶数月に1回開催

場所:潮来市津知公民館

予約先:市民課市民G

代表:0299-63-1111

4.DVは相談

専門相談員による相談です。DVに関する相談が可能です。

開催日:週2回程度。相談日以外にも受付あり。

予約先:男女共同参画総合相談窓口

電話:0299-62-2727

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は当サイトトップページの「茨城県の離婚相談」で確認下さい。







年金の手続き

□離婚時の年金手続き

離婚により厚生年金などの加入者の扶養が外れたときは、年金の手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.扶養からはずれた日がわかる書類(資格喪失証明書など)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:市民課保険年金G

代表:0299-63-1111

水戸南年金事務所

年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:水戸市柳町2-5-17

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:029-227-3278




離婚届の手続き

潮来市の離婚手続きは・・・

開庁時間:平日:8時30分~17時15分※開庁時間以外は預かりのみとなります。不備がある場合は、修正・再提出が必要となるため、平日に提出するのがおすすめです。

問合せ先:市民課(本庁舎1F)

代表:0299-63-1111

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにじっかりと事前準備しましょう。

潮来市のひとり親家庭の支援

子育て支援課子育て支援G(市役所1F福祉事務所)

・児童扶養手当
・母子家庭介護人制度
・子育て支援短期利用事業
・鉄道(JR)定期券の割り引き
・自立促進講習会
・親子すこやか交流事業

市民課保険年金G

・ひとり親マル福
・特別児童扶養手当

代表:0299-63-1111

潮来市役所※相談の日時や予約の確認は、潮来市役所ホームページでご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分

所在地:潮来市辻626

代表:0299-63-1111







潮来市の離婚事情

潮来市の離婚件数の推移です。

平成元年:35組
平成5年:45組
平成10年:60組
平成15年:77組
平成20年:60組
平成25年:47組
平成26年:57組
平成27年:51組

なお茨城県の平成28年の離婚件数:4817件、離婚率は1.68です。

全国の離婚率は1.73となります。

離婚エピソード:『やっぱりパパが必要なのかと、よぎる瞬間。』

連休など、子どもを遊びに連れていくと「あぁ、やっぱり、うちはシングルなんだよなぁ」って思いますよね。

私は34歳。7つになる息子を実家の両親に協力してもらいながら育てています。普段は仕事に追われる毎日。一人親世帯であることを、そこまで深く考える余裕がありません。

でも、お休みにショッピングモールに出かけるとやっぱり実感しますね。私は息子と私、二人ぼっちなんだなぁ、って。

家族連れの姿を見るとやっぱりそういう思いが胸をよぎります。

DV・借金のあった夫とは、息子を妊娠したことで結婚しました。まぁ、正確には「籍を入れただけ」と言いうような状況でした。息子が生まれる前には別居、1歳になる前には離婚しましたので。

息子は私の両親にもかわいがって貰い、すくすくと育っています。

元夫が私に暴力をふるう姿を見せずにすんだことは、息子にとって本当に良かったと思っています。そういう意味では、離婚に対して全く後悔はありません。

息子なりにそういう私の思いは分かってくれているようです。

申し訳ないくらい「良い子」で我儘は言いません。私が息子に甘えているのかもしれません。

この間、私の大学の時の同級生と久しぶりに会いました。

一人は独身。もう一人は3人のママ。3人の母親になった友人は、子ども達と旦那さんをつれてきていました。

子ども達が退屈しないように、アスレチックのある施設に連れて行ったのですが、そこで私の息子が大はしゃぎ!

友人の旦那さんにぶらさがったり、飛びついたり。友人の子ども達に混ざって、負けないくらいの勢いで友人の旦那さんにじゃれついているんですよ。

友人の旦那さんが子どもの扱いが上手だったのもあります。

でも、私は「普段、我慢させちゃってるんだなぁ」って思いました。私の父もよく遊びに連れて行ってくれますが、70歳を目前にした父には飛びついたりしません。子どもなりに加減してるんですよね。

旧友と久しぶりに会えて楽しい時間でしたが、ちょっと複雑な気持ちになってしまいました。

息子に我慢してもらったり、協力してもらったり。

これからも、たくさんあるとは思います。申し訳なく思う事もあると思います。

でも、息子と二人乗り越えていこうと思っています。

この日記を書いていたら、離婚当時を思い出してしまい、離婚体験談を読みました。私と同じような境遇の方も多く、離婚前後に読んでいたらとても役にやったなと。

離婚で悩んでいる方や離婚協議中の方などは第三者の離婚体験談を読むと、わりと心が軽くなるかもしれません。よかったどうぞ。