離婚後に後悔しないために、夫婦であるうちに話し合っておくべきことはたくさんあります。

例えば・・・

子供に関わることとして、親権や養育費、そして面会の取り決めや名前のことなど。

金銭に関わることととして、慰謝料、財産分与、年金ことなど。

離婚前にしっかりと取り決めをしておかないと、後悔することになりかねません。

特にお子さんがいる場合の離婚は、経済的な問題を考慮しておかなくてはなりません。

そして離婚問題は法的な知識が絡んでくるため、優位に取り決めを行なうにはそれなりの知識が必要となります。

そこで活用したいのが、無料の離婚相談です。

筑西市では「弁護士、女性専門相談員、人権擁護委員」による無料相談が開催されていますので、離婚のことでお悩みの方は活用してみてはいかがでしょうか?

相談を受ける前には、予約方法、日時、相談内容などは必ず確認して、相談内容は事前にまとめておくなどの準備はしておきましょう。




筑西市で利用できる無料の離婚相談

1.弁護士による法律相談

筑西市では弁護士による法律相談を開催しています。養育費、親権、慰謝料などの離婚問題でお悩みの方は是非ご活用下さい。詳細は予約時にご確認下さい。

開催日:月1回程度

会場:下館武道館※予約時にご確認下さい。

予約先:広報広聴課(本庁舎4F)

電話:0296-24-2172

2.人権相談

人権擁護委員による相談です。夫婦・親子・離婚などの相談が可能です。詳細はお問合せ下さい。

開催日:月1回程度

会場:下館武道館

予約先:人権推進課(本庁1F)

電話:0296-24-2102

3.女性相談

女性専門相談員による相談です。DV、夫婦関係、セクハラなどの相談が可能です。

開催日:週2回程度

会場:市役所

予約先:こども課 子育て支援グループ(本庁舎1F)

電話:0296-24-2104

また上記以外でも弁護士会、法テラス、家庭裁判所などでも無料相談が開催されています。

詳細は当サイトトップページの「茨城県の離婚相談」で確認下さい。




年金の手続き

□離婚時の年金手続き

離婚により厚生年金などの加入者の扶養が外れたときは、年金の手続きが必要となります。

用意するもの

1.本人の年金手帳(又は基礎年金番号がわかるもの)

2.扶養からはずれた日がわかる書類(資格喪失証明書など)

3.離婚日がわかる書類(戸籍謄本など)

4.印鑑

問合せ先:市民課

電話:0296-24-2101

下館年金事務所

年金事務所では、年金相談が可能です。

所在地:筑西市菅谷1720

受付時間:平日:8時30分~17時15分

電話:0296-25-0829




離婚届の手続き

筑西市の離婚手続きは・・・

開庁時間:平日:8時30分~17時15分※開庁時間以外は預かりのみとなります。不備がある場合は、修正・再提出が必要となるため、平日に提出するのがおすすめです。

問合せ先:市民課(本庁舎1F)

電話:0296-24-2101

離婚届を出す前に、まずは必要書類、受付時間を必ず確認しましょう。

協議離婚なのか?裁判離婚なのか?離婚後の名前はどうするのか?

などで必要書類が異なりってきますので、2度手間にならないようにじっかりと事前準備しましょう。

筑西市のひとり親家庭の支援

こども課(本庁舎1F)

・児童扶養手当
・高等職業訓練促進給付金等

電話:0296-24-2104

医療保険課医療福祉グループ

・ひとり親家庭等医療費助成制度

電話:0296-24-2103

障がい福祉課(本庁舎1F)

・特別児童扶養手当

電話:0296-24-2105

筑西市役所※相談の日時や予約の確認は、筑西市役所ホームページでご確認下さい。


開庁時間:平日:8時30分~17時15分

所在地:筑西市丙360

代表:0296-24-2111

筑西市の離婚事情

筑西市の離婚件数の推移です。

平成元年:114組
平成5年:162組
平成10年:166組
平成15年:266組
平成20年:231組
平成25年:175組
平成26年:169組
平成27年:188組

なお茨城県の平成28年の離婚件数:4817件、離婚率は1.68です。

全国の離婚率は1.73となります。




離婚エピソード:『息子と2人暮らしが始まって1ヶ月』

離婚をし、新しい生活がスタートし、1ヶ月がたった。4月の年度変わりに生活を別にすることにし、シングルマザーとして1歳をすぎた息子と二人暮らしが始まった。

息子は、保育園に行き私はフルタイムの仕事をしている。子どもと過ごす時間はとても少ないとこの1ヶ月で感じる。

離婚を決意するとともに、その覚悟はしていた。しかし、あまりにも時間もなく疲労がたまるし、はやくも弱音をはいてしまいそうだ。

朝早くに起き、夕方の5時30ごろに保育園に迎えに行く。毎日眠たそうにしている子どもを見ると「ごめんね」と思う。

もっと子どもに関わりたいと思っても、時間がたりない。辛くなる時もあるが、それは、もっと息子の方が辛いと感じているとおもうので、弱音は吐かないようにしようとは思っているところだ。

帰宅してからも、1日保育園で疲れて眠たく機嫌が悪い息子。帰宅してからも、やることが山積みなわたし。

洗濯を取り込み畳み、夜ご飯の準備をする。両手がふさがるが、子どもは眠くて不機嫌で泣きじゃくる。片手で抱っこをしながらも、包丁を握っていることも多々ある。

危ないとわかっていても、進まないので仕方がない。ご飯を食べるとすぐに寝る時間となり子どもと関わる時間が本当に短いなぁと思う。

1人だと全て自分がしなくてはいけない。

今まで私が家事をしている間は夫に相手をしてもらっていたので子どもの相手をしながら、家事をしたりほったからしの時間もあったりと、本当に子どもと関わる時間が限られている。

休みの日などは、充分に関わりたいと意識していきたいと思う。